記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

包茎手術ってみんなしてるのか?

包茎手術ってみんなしているのでしょうか?銭湯なんかに行くと包茎の人やそうでなくズルムケの人など様々で気になってました。僕の場合はボッキした時や通常の時は手でむけるのですが大体は皮がかぶっています。僕の場合、手でむけて通常皮がかぶっている状態は仮性包茎と言うそうです。それで気になったのでネットで調べてみましたら、いろいろと勉強になりました。包茎手術クリニックサーチというサイトで詳しくまとめていた。

包茎手術クリニックサーチ

包茎にも種類があるみたいで、僕の場合は「仮性包茎」ですが、その他に「カントン包茎」や「真性包茎」があるようです。真性包茎は聞いたことがあって知っていたのですが全く皮がかぶっっていてむけない状態で、この場合は手術が必要のようです。皮がかぶったままだと亀頭に恥垢というカスが溜まってこのカスが原因で病気になりやすく、炎症や膿を起こしやいので注意しないといけないみたいです。

次にカントン包茎ですが、カントン包茎という言葉を知らなかったので勉強になったのですが、このカントン包茎は無理をして剥けば少しは亀頭の露出は可能なのですが、無理やり剥くと元に戻すことができなくなり、結果、腫れてしまうこともあるので注意が必要と言いますから怖いですね。

仮性包茎は手でむけて洗えるので、衛生的に問題なく手術する必要がないみたいです。しかし、カントン包茎と真性包茎の場合は手術しないといけないようで、このカントン包茎と真性包茎は泌尿器科の病院に行けば保険が適用されて、比較的に金額が安く包茎手術が受けられるみたいです。ただ仕上がり状態は保障されないみたいで病院によっては手術跡が残る場合があるそうです。傷跡が綺麗にしたい場合は、少し料金が高くなりますが専門クリニックがオススメと書かれていました。

何はともあれ、僕の場合は仮性包茎だったので手術する必要はなく安心しました。ただ、銭湯や彼女など見た目を気にする人が仮性包茎でも手術するみたいですね。参考になりました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。